J O E N A K A M U R A B L O G

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

umie

高松から飛行機で東京に戻ると大雨であった。
土曜日は高松もパラパラと小雨が降ったりもしたが、今日は曇りつつも猛暑だった。
「ああ、離れた街から戻ってきたのだなぁ」と実感する。

土曜、午前中に高松入り。
共演の島津くんとPAを担当するシオダさんと待ち合わせ、うどん屋巡り。
初の四国来訪で楽しみにしていた事のひとつ。
2軒ほどまわり、一時ホテルで休憩後、会場のumieへ。
サウンドチェックを済ませライブが始まる。

満員御礼、という動員ではなかったが、
ゆったりと暖かく見守ってくれるお客さんの中で全力で歌わせてもらった。
皆、少しでも楽しんでいてくれていたら幸い。

セットリスト
1.甘い熱
2.恋になってしまった
3.天使たち
4.女心と秋の空
5.からっぽの青春
6.スカム
7.ミッドナイトトーカー
8.ハードコア
9.メロディ
10.想像が現実を
11.KOKORO
12.ナイトクルージング(フィッシュマンズのカバー)

僕の出番の後は島津田四郎君。
ユーモアあふれるいつもの田四郎ワールド。
「カラフル」という曲は、色んな色彩が頭に浮かんできて気持ちがいいナンバーだ。

最後は2人でセッション。
「からっぽの青春」を再度演奏、そのあとは田四郎くんのうどんの歌(コンピ「私たちの音楽vol.1」に収録)を合わせる。どちらもかなり失笑のプレイだったが、イベントの最後を皆笑顔で締めくくれて良かったと思う。
ご来場の皆さん、どうもありがとうございました。

それにしてもumieのスタッフの皆さんはとても親切で、感謝してもしきれない程だ。
また是非演奏する機会を作りたいと切に願う。
僕はソロシンガーで孤独であるが、決してひとりぼっちではないのだな、という気持ちで胸がいっぱいになった。
本当にありがとうございました。

とりあえず遠征はひとまず終了。
来月からは東京でまたライブ活動が続く。

f0105810_23424642.jpg

[PR]
by joenakamura | 2009-08-30 23:42 | 音楽 | Comments(0)

umie

四国、高松umieでのライブを無事終了。
決して大入り満員!というわけではなかったが楽しく演奏出来た。

共演の田四郎くん、PAのシオタさん、umieのスタッフの皆さん、そして足を運んでくれた皆さん
本当にどうもありがとう。

詳しくはまた。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-30 01:28 | 音楽 | Comments(0)

ライブ前日

久しぶりに夏らしい天気の東京。
明日はもっと暑くなるらしい。一筋縄に秋にさせてくれない夏の意地みたいなものか。

世間は今度の日曜日の選挙のせいか、少しワラワラとしているよう。
僕は高松からの戻りが日曜の遅い時間なので先日期日前投票に足を運んできた。
高松から戻った頃は開票の結果が続々と出ていることだろう。


明日は初の四国、高松ライブ。
是非遊びにいらしてください。宜しくお願いします。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-28 22:13 | 生活 | Comments(0)

週末は高松

陽射しは強いものの、もう空気が秋を纏ったような今日この頃。
長く続いた遠征ライブも今週末の高松で一段落。
初めていく四国、楽しみにしています。近郊の方は是非とも。


2009年8月29日(土)
中村ジョー『Sweet Heat』&
 島津田四郎『つぶやきタシロー』リリースライヴ

会場:高松umie http://www.umie.info/
OPEN/18:30 START/19:30
Charge/前売 3,000yen(ドリンク別) 当日 3,300yen(ドリンク別)

出演:
中村ジョー、島津田四郎

チケット予約はinfo@joenakamura.comでも受け受けております。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-27 19:28 | Comments(0)

FAVORITE SONG

73年のドノバンのアルバム「コズミックホイール」より。



醒めきったサイケデリックグラムな雰囲気が凄くいい。

勿論、これより2作前のジェフ・ベックが参加したこの有名曲は何時聞いても痺れる。


頭のドラムフィルが入る所からもうたまらない。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-26 10:59 | 音楽 | Comments(0)

京都・姫路 終了

土日と京都・姫路でライブ。
京都の会場は初めてのカフェバー大会という場所。
独特のオシャレ感と手作り感が詰まったような不思議なカフェ。
共演の皆は音楽性がバラバラながらも皆独特でとても良かった。
皆それぞれ自分らにしか歌えない歌を歌ってた。
僕の出番は最後で、自分なりにとても気持ちよく歌えた。
全力で歌えてよかった。

セットリスト
1.甘い熱
2.メロディ
3.ミッドナイトトーカー
4.からっぽの青春
5.スカム
6.IT(新曲)
7.女心と秋の空(ハッピーズ)
8.想像が現実を
9.KOKORO
EN
1.ナイトクルージング(フィッシュマンズ)
2.ナイトライド

終演後はそのまま会場で飲み。和やかに京都の友人らと歓談。
ははの気まぐれの面々も来てくれて嬉しかった。

翌日は姫路へ。
駅が新しくなっていてびっくりする。
勧められた駅構内の立ち食い蕎麦「えきそば」を食す。独特な美味さ。
会場はマッシュルーム。
またもや出番はトリ。共演の皆は京都に負けずおとらず皆とても素晴らしかった。
特にほりゆうじさんのあの空気感は、ある種ヘビーなドラッグのようだ。

セットリスト
1.甘い熱
2.恋になってしまった
3.天使たち
4.からっぽの青春
5.スカム
6.好き嫌い(ハッピーズ)
7.ミッドナイトトーカー
8.メロディ
9.想像が現実を
10.揺れる
EN
1.ナイトクルージング(フィッシュマンズ)
2.KOKORO

終演後は中華店で打ち上げ。馬鹿話で大笑いしながら夜はふける。

両日ともともかく必死で歌えたので良かった。
気持ちが萎えない、というのが演奏に何より大事かよくわかる。
見に来てくれた皆さん、どうもありがとう。
そして各場所の友人たちに感謝を。
ほんとうにありがとう。また歌いに行きます。


f0105810_14231836.jpg

姫路マッシュルームにて
photo by つるんづマリー君
[PR]
by joenakamura | 2009-08-25 00:13 | 音楽 | Comments(2)

仙台

土曜は仙台カフェモーツアルトアトリエでライブ。

仙台に到着し、Gokochiカレーでカレーを食し、会場へ。

カフェモーツアルトアトリエはとてもお洒落で居心地の良い空間。
レーベルメイトのタカハシヨウヘイさんも見に来てくれてた。

僕はイベントの最後に弾き語り。
アンコールでは愛情砂漠のカッツくんをドラムに迎えフィッシュマンズの「ナイトクルージング」をカバー。
自分なり良く歌えたかと思う。見に来てくれた皆さんも楽しんでいてくれていたら幸い。
スタッフ、共演者の皆さん、そして見に来てくれた皆さん、
どうもありがとう。

終演後は仙台ライブ後は必ず来る居酒屋で打ち上げ。
一度解散となるが数人で2次会。楽しい宴だった。

翌日は仙台駅そばでラーメンを食べ、新幹線の切符を買う。
世間がお盆休み最終日というのもあり、指定席は完売。
駅には人がごった返している。
そんな中、お土産でも買おうと駅構内をぶらつくと、昨晩見に来てくれたお客さんがいて声をかけてくれた。
ライブが良かったと言ってくれ、とても嬉しかった。

写真はKさんより頂きました。

f0105810_10535674.jpg

[PR]
by joenakamura | 2009-08-17 10:54 | 音楽 | Comments(0)

GUILD D40

ギターが思いのほか早く戻ってきた。
フレット打ち直しとネックをジョイントから調整等々。確かに弾きやすくなった。

ネックの反りの影響で弦高はこれ以上下げられず。
現状で一般のギターの弦高より若干高いくらい。

下げるには今度はサドルの木を削って低くしなくてはいけない。
いつか懐具合と相談してお願いしてみよう。

フレットが真新しくキラキラしていて気持ちがいい。

f0105810_23263150.jpg

[PR]
by joenakamura | 2009-08-11 23:27 | 音楽 | Comments(0)

花火

先日木曜は神宮の花火大会。
若林君の店「ヘンドリックス」へ遊びに行く。
店の前は絶好の花火スポットで人で大賑わい。
「ヘンドリックス」は通常営業をせず、店の前でカレーやら肴やら生麦酒を露店感覚で売っていた。
なんだかんだで僕も手伝うことになり、店前で「カレーいかがですか~」などと大声を張りあげる。
学祭の呼び込みのようでちょっと新鮮で面白かったが、あまり売れなかった。
僕にはあまり商売の才が無いようである。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-08 15:36 | 生活 | Comments(0)

筋肉痛

日曜、滅多に使わない筋肉を使ったせいか、体がガタガタしている。
こういった痛みはもちろん歓迎はしないが、そう嫌な感じでもない。
「ああ、色々体動かしたんだな」と実感できるからである。

何かをやって結果が出る。実感ができる。

仕事や商売や料理など何にしてもそれが一番。

音楽はそれがなかなか分からないのが困る。だがそれだから魅力的なのだろうか。
[PR]
by joenakamura | 2009-08-03 12:03 | 生活 | Comments(2)