J O E N A K A M U R A B L O G

<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

行く年来る年

2011年も今夜で終わり。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。来年も宜しくお願いします。

世の中的には言うまでも無く怒涛の一年で、誰も彼もが皆その影響の最中に今も居るわけですが、個人的には何かやったのかなぁと思い返してみると、2月から福岡史朗さんと一緒に始めたアルバム制作が(ミックスはまだですが)年内にひと段落したのが大きなトピックスでしょうか。ほんと史朗さんにはお世話になりました。録音でこんなに刺激的で興味深かった事はなかったです。
リリースは来春の予定ですので楽しみにしていてください。

それから1月に東京、7月には大阪でザ・ハッピーズの再結成ライブもありました。
まさかこんな日が来るとは自分でも思わなかったので何とも不思議な気分でしたが、とても楽しい時間を過ごせました。サポートしてくれたスクービーのモビー、ジョーくん、UFOの北田君、ありがとう。
来年1月8日のオリジナル面子のハッピーズ新春会も和やかにやれたらいいなぁと思っています。

ライブも派手にはやりませんでしたが、弾き語りをはじめ色んな編成でできて勉強になりました。
見に来てくれた皆さん、共演してくれた皆さん、それからバンドメンバーの皆さん、ありがとう。
来年はもっと精進したいと思います。

今年はあまり新譜を買いませんでしたが、最近知ったLANA DEL REYというシンガーがとても良かったです。「ハリウッド・サッドコア」と呼ばれるサウンドにも非常にそそられます。来年出るというアルバムが楽しみです。



では良いお年を!
[PR]
by joenakamura | 2011-12-31 21:46 | 考え中 | Comments(0)

paul

金曜。
久々に映画館へ出向き「宇宙人ポール」を鑑賞。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」ではゾンビ映画、「ホットファズ」ではポリス映画をリスペクトしたサイモン・ペッグとニック・フロストが今度はSF映画をテーマにしたコメディだ。
至る所にSF映画やスピルバーグへの愛情がこれでもかと散りばめられ感無量。それに加え、アメリカとイギリス、キリスト原理主義、男の友情もテーマに忍ばせ最高に面白かった。
映画冒頭にオンリーワンズの「ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET 」がかかる所もセンス抜群。




ONLY ONES 「ANOTHER GIRL ANOTHER PLANET」




映画を見終わった後は神宮前ヘンドリクスへ。
本日のヘンドリクスは大掃除の日。その後からお疲れ会するので参加させてもらいました。
途中から西君も合流してワイワイと宴は盛り上がりました。
が、しかし
自転車で帰宅途中、いきなり後輪のギアを制御する部品リアディレイラーがバキっと折れてチェーンに絡まり走行不能に。後輪が動かないので片手で車体を持ち上げながらトボトボ歩いて帰宅。疲労困憊。しかし事故らなくて良かった。

明けて本日自転車屋へ修理依頼をすると、壊れた部品の箇所以外にも色々と修繕箇所が見つかり、ン万円の出費。参った。
[PR]
by joenakamura | 2011-12-24 21:32 | Comments(0)

フィルム・ノワール

DVDで2004年のフランス映画「あるいは裏切りという名の犬」(原題:36 Quai des Orfèvres)を鑑賞。
現実にあったフランス警察内のゴタゴタを元に描かれたという、フィルム・ノワール的なハードボイルド映画。
監督は元警官だったというオリヴィエ・マルシャル。
主演にはフランスの名優、ダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデュー。
2時間飽きずに楽しめたのだが「ほんとにこれ現実にあったの??」というような無茶なシチュエーションが多くやや苦笑。(面白かったけどね)無茶苦茶やるなら香港のフィルム・ノワールのほうが娯楽作としては一枚上手な気がしました。
ダニエル・オートゥイユは全然2枚目じゃないけれど何処となくハーヴェイ・カイテルを思わせ格好よかった。しかしダニエルが主演したミヒャエル・ハネケのダウン系映画「隠された記憶」のシーンが度々蘇ってきて違った意味でドキドキさせられてしまった。あれはキツイ映画だった。
あとはダニエルの部下、ティティを演じるフランシス・ルノーがいい顔してて良かった。




この監督はこの後も犯罪映画を何本も作っているので(出演も含む)、もう何本か見てみたいものです。
[PR]
by joenakamura | 2011-12-22 17:56 | 映画 | Comments(0)

トム

チワワのジンジャーは今日はすっかりいつもの彼に戻った。
どうやら大事ではなかったようで一安心。
我ながら犬馬鹿とは思うが、「ここが痛いのだよ」と言葉で言えないのだから心配にはなるものだ。

生業帰り、タワレコに寄って物色。
ちょっとチェックしないうちに色々な新譜が並んでいた。
ネットで試聴するのもいいが、店頭に並ぶ試聴機でジャケを見ながらふんふんと試し聞きするのはやはり楽しい。
気になる盤がいくつかあったけれど、買い逃してたRADIOHEADのアルバムを今更ながら購入。
気になってたブラックキーズのアルバムは試聴した所、今一ピンと来なかった。後々買うかもしれないけれど。
なんだかんだトム・ヨークの声を聞くと気持ちがピリっとする。好きだ。

九州へ行く飛行機の中で、機内放送で初めて聞いたトムヨークの曲(ソロの「ブラックスワン」という曲)の衝撃は今も忘れられない。あれを聞かなかったらRADIOHEADなんてちゃんと聞かなかったんだと思う。




こちらが大好きなトムの「ブラックスワン」

[PR]
by joenakamura | 2011-12-20 23:31 | 生活 | Comments(0)

子犬のような老犬

我が家で三匹中一番年下の(とは言えもう10歳だが)チワワのジンジャーが昨晩からどうも何やら様子がおかしい。
終始しょんぼりとした顔で犬の上でじっと寝そべったまま、目だけこっちの様子を伺がいつつもあまり動かない。普段は子犬のようにはしゃいでいるのが常な彼なので具合が悪いのは歴然である。
犬がよくやる、プルプルっと頭を振りまわす仕草をすると、キャンと鳴くのをみて「頭だか耳だとかが痛いのではないか」と心配になり、今日、自分が生業だった為、家人に動物病院へ連れていってもらった。

結果、耳や頭ではなく頸椎の辺りが痛んでいるらしいとの診断。
父親チワワのファーゴが頸椎のヘルニアを患ったので(今では何故か治っているのだが)、同じ病かと危惧したが、単純に筋を違えただけかもしれないとのこと。鎮静剤の注射を打ち、少し様子をみることになった。

ストーブの前で寝っ転がる姿をみる限り、昨夜よりは元気になったよう。
首の筋、違えただけだといいのだけどなぁ・・・。

自分が40過ぎたのだから、皆もそれなりにもう年寄り。
見た目が小さいのでいつまでも子犬な気分になるけれど、三匹三様色々ガタが出て来ている。
お互いもうちょっと頑張っていきまっしょい。


f0105810_21424872.jpg

[PR]
by joenakamura | 2011-12-19 21:43 | 生活 | Comments(0)

週末

昨日はワインバーカボットで弾き語り、年内最後のライブ。楽しかったです。
最後はクラゴンらとセッションで「Get Back」を。

僕のセットは順不同で

・ワイルドローズ
・甘い熱
・ペーパーバック(新曲)
・窓辺の露
・想像が現実を
・Candy says (VU cover)
・You'll be mine(Howln Wolf cover)
・KOKORO

あと何曲かやった気がするけど忘れてしまいました。あしからず。
皆さん、どうも有難う。




さて今日はハッピーズの練習。
先週、風邪で休んだコオ君も復帰し、みっちり3時間。
ハッピーズの曲は難しくてホント色々大変です。
練習後は皆で羊肉を食べに。美味かったです。
ああ呑んだ呑んだ。



さて僕の次回のライブ
僕は北山ゆう子さんとの2人編成にマヒトさん、okyonさんも参加してもらってのセットの予定です。
ぜひ。



「新春・楽士夜話」
2012/1/14(土)@渋谷・七面鳥

open18:00 start19:00
前売り2,000yen 当日2,500yen

出演:
・藤原マヒト
・河村博司
・中村ジョー
・tonco
[okyon(per),北山ゆう子(dr)]

七面鳥:
東京都渋谷区道玄坂2-14-17
TEL: 03-3461-2123 

よろしくです。
[PR]
by joenakamura | 2011-12-18 22:58 | 音楽 | Comments(0)

Blue Valentine

生業の合間にDVDで「ブルーバレンタイン」(2010年 米)をようやく鑑賞。
とあるカップルが、出会って、結婚し、そして別れる、それだけの物語なのだが、色々話題になっていた通り、無茶苦茶素晴らしかったです。グサグサ突き刺ささります。愛とはなんと儚いものか。
最近、ノリにのってる主演のライアン・ゴズリングがまたいい。
二枚目の彼が、きっと髪の毛あえてを抜いてハゲにしたのだろう、草臥れた中年の姿を演じる姿は味わい深かったです。
そして妻役のミシェル・ウィリアムズもアカデミー主演女優賞ノミネートも納得の演技。いわゆる美人顔でないのがまたリアルさを醸し出していました。
男と女ではまったく観方が変わるであろうこの映画、自分はきっと名作として今後語り継がれる映画だと思います。
カップルで観たらその後お互いどんな顔をしたらいいのか分からなくなりそうですがね・・・






さて明日は弾き語りライブです。

■12月17日(土)
会場:渋谷ワインバーCabotte
出演:中村ジョー/倉谷和宏(旭荘201)
Open 18:30 / Start 19:00
Charge 2,000円(1drink込)

僕の出番は先です。よろしく。
[PR]
by joenakamura | 2011-12-16 23:03 | 映画 | Comments(0)

ショッピングモール

2012年1月8日(日)下北沢カラードジャムでの
ザ・ハッピーズのライブチケット予約は受付終了しております。
沢山のメール有難うございました。
また少ないチケット数の為、ご予約できなかった皆様、申し訳ありませんでした。

この間の日曜はそんなザ・ハッピーズのリハーサル。(ベースのコオ君は風邪で欠席)
数時間ああだこうだと練習し、夕方から皆で呑みに。
2次会で飲んだ、ウィスキーをビールで割った凶悪なドリンクに頭をやられ見事に酩酊しました。参った。


昨晩はは寒さに耐えかねてベッドではなくリビングのホットカーペットの上で就寝。
このところ良く夢は見るのだけれど、昨夜の夢は退廃的な映画のようでなかなか味わい深かった。
寂れてゴーストタウンと化した商店街。広さはかなりある。
ただ古くなり過疎化したのではなく、戦争か何かで廃墟と化した感じだ。
そう78年の映画「ゾンビ(Dawn of the Dead)」のショッピングモールを少し思わせる。
そこを自分は、誰かと1本の謎の「映画」のフィルムを探しているのだった。(どういう理由かさっぱりわからないが)
ボロボロになった各店には僅かに店の主が残っていて、個性溢れる人たちと会話をしながらの散策は面白く刺激的で非常に映画的だった。残念ながら途中で目が覚めたが、あの結末はどうなったんだろう。とても気になる。

さて今週末17日(土)は渋谷のワインバーカボットで旭荘201のクラゴンと弾き語りします。
ひとつ宜しくです。


そんな「ゾンビ」のショッピングモールのシーン(恐くないです)

[PR]
by joenakamura | 2011-12-13 10:52 | 生活 | Comments(0)

ハッピーズ明日予約開始です

明日10日(土)の正午より
2012年1月8日(日)下北沢カラードジャムでの
オリジナルメンバーでのザ・ハッピーズのライブ、メールチケット予約開始いたします。
ticket@joenakamura.comまでメールください。
※10日(土)正午以前のメールの場合は無効となります。

件名を「ザ・ハッピーズ2012予約」とし、
お名前、ご連絡先(メールアドレス、もしくは電話番号)、希望枚数(お一人様2枚まで)を記載の上送信ください。
折り返し整理番号付きの返信メールを送付し、受信をもって予約完了となります。
(返信に1~2日ほどがかる場合があります)
携帯電話などから送信の場合は必ず本メールアドレスが受信出来る設定にしてください。

更に詳しくはこちら(必ずお読みください)>> http://www.joenakamura.com/happies2012/

よろしくおねがいします!


f0105810_21193011.jpg


---------------------------------
『都会のハッピーズ 2012』
2012年1月8日(日) at 下北沢カラードジャム

【出演】
ザ・ハッピーズ
(中村ジョー[VO]+若林タケシ[G]+西ツヨシ[Key]+菅原コオ[B]+佐藤カズオ[Dr])
& guest
open/18:30 start/19:00
MUSIC CHARGE 2000円(drink別) 限定40名
---------------------------------
[PR]
by joenakamura | 2011-12-09 21:21 | 音楽 | Comments(0)

もうひと息

少し間が空きましたが、夕方からギンジンスタジオで録音作業。
1発録りの弾き語り曲を10テイク程やって何とかオッケーを出し、数曲のポイントのダビング。
とりあえずアルバムの録音作業は無事すべて完了。
今年の2月からちょこちょこ始めた録音作業、ようやくミックスまで辿り着いた次第。
長丁場でしたが、終わるのが寂しいような変な不思議な感覚。ほんと面白い録音作業でした。
そして大変好きなアルバムが出来そうで嬉しいです。
まだ色々やる事はあるので、練ったり揉んだりしたい所存です。



今日はジョン・レノンの命日でしたが、ジム・モリソンの誕生日でもありました。
なのでドアーズばかり聞いてしまいました。ジョンは明日聞こう。

珍しい「Love Her Madly」のアコースティックミックス。なんか凄くいい。



次回ライブ↓ 今年最後のライブです。

■12月17日(土)
会場:渋谷ワインバーCabotte
出演:中村ジョー/倉谷和宏(旭荘201)
Open 18:30 / Start 19:00
Charge 2,000円(1drink込) 20名限定

チケット予約受付中
お名前・枚数・ご連絡先を記載し、
件名を「12/17渋谷ライブ予約」としてticket@joenakamura.comまでメールください。
[PR]
by joenakamura | 2011-12-09 00:57 | 音楽 | Comments(0)