J O E N A K A M U R A B L O G

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

行く年くる年

2012年も最終日。
年末は生業がワタワタとして、先日28日の渋谷七面鳥でのマヒトさんトンコちゃんとのユニット「フライング・スカラベ・ブローチ」のライブもサウンドチェックには出られず、本番も仕事抜け出してきて演奏して、また仕事場に戻るといった顛末。
共演陣のライブがまったく見られず悶々としましたが、終演後の飲みには何とか顔出せて良かったです。

↓フライング・スカラベ・ブローチ
f0105810_25205.jpg



今年の一番大きな出来事は5月にソロ3枚目のアルバム「風船と口笛」がリリースできたこと。
もう随分と昔の気もしますが、大好きなレコードが作れた事、今も大変嬉しく思っています。
まだ未聴の方は是非とも聞いてみてください。今の寒い時期にぴったりのアルバムじゃないかと思っています。




アルバムを作った事でライブもたくさんやりました。
正直、動員のことを思うと胃がチクチク痛くなる事も多々ありましたが、いろんな場所で歌えた事に感謝しております。

音源を手にしてくれた皆様、応援してくれた皆様、そして一緒に演奏してくれた音楽家の皆様、共演してくれた皆様、ライブ会場でお世話になったスタッフの皆様、本年は大変お世話になりました。

来年も宜しくお願いします。
[PR]
by joenakamura | 2012-12-31 02:19 | 音楽 | Comments(0)

80s Music

諸般の事情で、いつもの自分の曲とはちと違ったテイストの曲を作って自宅でデモ作り。
ベッドの上にMacBookとインターフェイスを置き、ベッド脇にマイクをスタンドに立て歌を歌う。
ヘッドフォンをしながら歌っているので傍からは声しか聞こえず、家人から見たらそれはそれは滑稽な姿だろう、服装はスウェットだしね。でも何か楽しい時間。


ここ最近、ツイッターで80年代の音楽をピックアップするのが日課となっている。
若い頃は60~70年代の音楽に心酔し、自分が青春時代を過ごした80年代の音楽の事をすっかりないがしろにしていたので、それに対する贖罪(そんな大袈裟でもないが)のつもりもあって始めたこの日課なのだが、何だかとても面白い。
懐かしいという気持ちも勿論あるが、それ以上に当時の音楽を見つめ直す事には常に新しい発見がある。当時は気がつかなかった音楽家達の繋がりやルーツが点が線になるようにグングンと広がっていく。
そして何よりも面白いのは、ネットを使って調べる事で、ある種「軽薄」な感すらあったアイドル然とした80年代のロックミュージシャン達(特に洋楽)が今なお自分なりの音楽を追求して活動している事を知れることだ。
当時から彼らの活動をキチンと追い続けていれば当たり前に気づくことなのだが、残念ながら僕は80年代のミュージシャン達の事を極有名なアーティスト以外すっかり記憶から捨て去っていたのだ。なんと勿体無い事か。
自分より10歳~ほど年上の世代の彼らが、人気が下火になり金銭面から昔やっていたバンドを再結成して「芸能」的に活動しているだけでなく、純粋にロックを続けている事を知ると、とても心を動かされる。なかには若いミュージシャンに負けず劣らず素晴らしい新しいロックを生み出している人も大勢いる。
そういう姿をみると「俺なんてまだまだだな」と思うし、「じゃ俺もまだやってやるよ」と思うわけで。年代に凝り固まって音楽を聴く事のバカバカしさを痛感している昨今であります。(そういう聞き方の良さも勿論あるとは思います。あくまで自分の場合。)

さぁ明日はどんな発見があるか、日々楽しみであります。
[PR]
by joenakamura | 2012-12-21 00:35 | 考え中 | Comments(0)

ライブ納め

ブログご無沙汰になりましたが元気でやっています。

昨晩はスロウパレード、花と路地のメンバーでもあるアダチ君の企画イベント「駄目な僕vol.1」at 渋谷guestにて、EGの松本君との2人編成で演奏させてもらいました。

大阪帰りの松本君と昼間練習して臨んだものの、急遽キーを変えた曲は案の定少し間違えてしまい仕切りなおしてしまいましたが一生懸命やらせてもらいました。楽しかったです。

以下セットリスト
1.風船
2.幽霊列車
3.残像
4.そう思う
5.赤と青の絵画
6.黒いバン
7.KOKORO

f0105810_1619961.jpg

写真撮影は長坂君。ありがとう。

ライブの前には知人のお子さんの1歳のお祝いパーティに足を運びました。
お祝いに「一升餅」を背負わせる行事を行っていたのですが、泣きもせずヨロヨロしながらも支えられながら歩く姿は(最終的にコテンと倒れましたが)微笑ましかったです。

さて次回のライブは22日(土曜日)、本年のソロライブ納めとなります。
年末でお忙しいとは思いますがお時間あえばぜひ。

--------------------------------------
12月22日(土)
at 渋谷 Bistro & Winebar Cabotte
http://www.cabotte.jp/

出演:中村ジョー/島津田四郎

OPEN18:30 START19:00
Charge ¥2,000(1drink 込)
限定20名様(座席は先着順)

ご予約は会場Cabotteにてメールにて受付中です。
kuni@cabotte.jp
※狭い会場ですのでご予約をお勧めします。
--------------------------------------

宜しくお願いします。



追伸:最近観た映画では「007スカイフォール」が面白かったです。
近年では一番007らしくて、往年007ファンにはグっとくるところ多々でした。

こちらAdeleが歌う主題歌「Skyfall」

[PR]
by joenakamura | 2012-12-17 16:19 | 音楽 | Comments(0)

高円寺

土日、二日続けて高円寺。

土曜はペンギンハウスでS.L.Lのレコ発イベントに参加させてもらいました。
当初予定していたパーカッションのおきょんちゃんは残念ながら不参加で、藤原マヒトさんとのアコギ、ピアノの2人編成。「革のブーツ」という曲では打ち込みのビートを使ってみました。
この日は個人的に凄く気合が入っていて、集中して演奏できたかと思います。終演後、皆に「良かった」「マヒトさんと凄く相性が良かった」と言われてホっとしました。

以下セットリスト
1.風船
2.VOID
3.KOKORO
4.ハードコア
5.革のブーツ
6.そう思う
7.黒いバン
8.BLUE BOX

続く大ファンのCOCOON PITは言わずもがな最高。
以前からのジャーマンロック直径のストイックさに加えNEW WAVEの香りも漂わせた本当にかっこよいライブ。
彼らのサウンドチェックの際、ドラマーの方が来られなかったので音量バランス確認のため僕がドラムを叩かせてもらったのですが、久々に一緒に音を出せてコレもまた楽しかったです。

そして主役のS.L.Lの登場。
折り重なったビートとシンセ音、そして2本のエレキギターの摩訶不思議なアンサンブル。モンドとテクノとフォークロック+80sNEW WAVEの混ざり合ったような楽曲が次々繰り広げられました。
長年作ってきたファーストアルバムの発売、ほんとにおめでとうございます。

終演後はペンギンハウスで皆で飲みながら談笑。濃厚な良い晩だったと思います。
S.L.Lのみんな、誘ってくれてありがとう。

この日は、ハッピーズのドラマー、佐藤カズオ君が参加するバンドがたまたま近くのライブハウスに出演しているというので、出演時間もちょうど僕も始まる前ということもあり西君とチラっと覗きにいってきました。
久々に会うカズオ、全然知らないバンドで叩いている姿がちょっと不思議な気がしました。(その後、カズオもペンギンハウスに遊びにきてくれました)

明けて今日、日曜は高円寺のスタジオで、今週末8日に演奏する僕+バックドアメン楽器隊とのリハーサル。
前回演奏の楽曲から数曲入れ替えての練習、四苦八苦しながらなんとか形に。いやいや自分の楽曲ばかりやっていると純然たるカバー曲はとても難しい。自分の癖で歌い回せないし、かと言って完コピではつまらない。勉強になります。
これを終えたら、自分の60sモッド的なライブは当分無いと思いますので、お好みの方はぜひ遊びにいらしてください。

----------------------------------------------------------------
2012年12月8日(土)
「復活祭!! アトミック・ラブ 2012」
会場:東高円寺U.F.O.CLUB http://www.ufoclub.jp/
出演:
LIVE:
・JOE NAKAMURA&BACK DOORMEN
・THE BEFORES
・Lust
・ザ・ヤンマーズ
DJ:
・鈴木やすし
・フミヤマウチ
・ウスイヒデカズ
・ミッキー(soulcrap)
・大澤(Lust)
・テツロウ
special guest: ・長渕モノマネ芸人/春田和幸

開場:18:30
チャージ:前売り1800円(+order)/当日2000円(+order)
----------------------------------------------------------------

土曜はペンギンハウスに入る前、ラーメン太陽でラーメンを食しましたが、安くて美味くて良かったです。
これが演奏に影響したのかな?
[PR]
by joenakamura | 2012-12-02 20:56 | 音楽 | Comments(0)