J O E N A K A M U R A B L O G

<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良いお年を

今年も色々ありましたが無事に年を越せそうです。老犬二匹もボケボケではありますが元気です。応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

来年の抱負は山ほどありますが、音楽は麻薬みたいなもので辞める事なんて出来ないので例年のごとくライブなり録音なり出来る事をコツコツとやり続けようかと思っております。どうぞよろしくお願いします。新曲もコツコツ書いてます。
お時間あえばライブ観に来て下さいね。

では良いお年を!

f0105810_20524946.jpg



[PR]
by joenakamura | 2016-12-31 20:45 | 音楽 | Comments(0)

Looking back on 2016

今年も残すところ数日。
年が変わったからって何が変わる訳でもないのに…と毎年思うけど、振り返ったり、反省したり、前向きになったり等々、コレぐらいの期間で生活に切れ目につけるのは丁度いいのかもしれないですね。忘年、新年会で堂々と酒も飲めるしね。

今年は少し普段より少な目ながらも、相変わらずライブをやったり、水面下で録音したりと、楽しく音楽を出来て良かった。MODな皆とR&Bも歌えたのはやっぱり嬉しかった。
しかし今年で都会のハッピーズから20年も経ったのは些か驚愕した。光陰矢の如し。まぁ、それで久々にワカとライブも出来たのは良かった。阿佐ヶ谷ハッピーズ再び。
そしてメインバンドの中村ジョー&イーストウッズも多忙なメンバーのスケジュール調整に四苦八苦しながらも幾つかライブや録音する事が出来た。ほんとイーストウッズのメンバーの皆には感謝の念しかありませぬ。いつもありがとう。イーストウッズがあると無いとでは全然今の気持ちが違っていたろうな。

まぁ、後はカレーとクラフトビールにまみれたこの一年でしたが、来年も引き続きこんな感じでいきたいとおもいます。水面下のものが表に出せるよう頑張ります。ソロ曲もボチボチ出来てきました。地方にも足を運びたい次第。

f0105810_23055933.jpg

そうそう、急遽28日にライブ決まりました。
阿佐ヶ谷ハーネスにて。
無頼庵(堀内+うの)と永井リーさんと、僕はソロ弾き語りします。
19時半〜1500円+ドリンク
飲んだ勢いでぜひ。





[PR]
by joenakamura | 2016-12-26 22:42 | 生活 | Comments(0)

ライブ記録(16.12.11)

昨夜は渋谷カボットにて本年最後のライブで弾き語り。
久々に旭壮201のクラゴン(倉谷和宏くん)に会えて楽しかったです。しかしクラゴンの歌はほんと相変わらず唯一無二。
忘年会ライブ予定だったのに事情で終演後もノンアルコールだったのが悔やまれます。

以下セットリスト。カボットで毎回やる新カバー曲、今回はサニーディの「I'm a boy」でした。

風船
メロディ
甘い熱
おはようせかい
I'm a boy(サニーディのカバー)
女心と秋の空
古いギター
KOKORO
野良猫96

写真は撮ってなかったので、クラゴンのツイッターから拝借。無断で借りてすみません。リハ中の私。

f0105810_13363194.jpg

今年はロックレジェンドが沢山亡くなって寂しいけど素敵な新譜も沢山出たわけで、そうやって音楽はリインカーネーションしたりパイオニアが産まれていく訳ですな。
自分も大量の曲の書きかけメモを年末は整理したいものです。

来年は1月29日にイーストウッズでライブやる予定です。詳細は追って。
それ以外は未定ですのでお誘いお気軽によろしくお願いします。




[PR]
by joenakamura | 2016-12-12 13:38 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(16.12.03 中村ジョーwith Wackdoor Men)

12/3(土)はU.F.O.CLUBにてThe Steed Hoovesが主催のイベント「GO NOW!」に「中村ジョーwith Wackdoor Men」で出演。

そもそも「中村ジョーwith Wackdoor Men」とは何ぞやと言う事ですが、僕がボーカル、ギターにWack Wack Rhythm Bandの山下洋さん、Backdoor Menの楽器隊、青芝さん(ギター、イーストウッズでもお世話になってます)、八坂さん(ベース)、鈴木やっさん(ドラム)の5人編成のバンドでして、以前2007年大晦日にこの編成にてストーンズ曲中心のカバーバンド“December's Children”としてライブしたのですが、名義を変えたそのバンド再び、といった趣でありました。
今回もストーンズ曲(というかストーンズがカバーしたR&B)を中心にR&Bクラシック9曲を演奏、当日含めたった2回のリハーサルのみで不安もありましたが何とか完奏できて感無量。
ご来場の皆様、スタッフの皆様、共演のバンド、DJの皆さんありがとうございました。楽しいイベントでした。


以下セットリスト ※()内はシンガー&作者
・I Just Want To Make Love To You(The Rolling Stones/Willie Dixon)
・In The Midnight Hour(Wilson Pickett/Wilson Pickett, Steve Cropper )
・Walking The Dog(The Rolling Stones/Rufus Thomas)
・Respect(Otis Redding/Otis Redding)
・Down Home Girl(Alvin Robinson/Jerry Leiber & Artie Butler)
・A Certain girl(Yardbirds/Allen Toussaint)
・Around and Around(The Rolling Stones/Chuck Berry)
・Ain't Got No, I Got Life(Nina Simone/James Rado, Gerome Ragni, Galt MacDermot)
・Got My Mojo Working(Muddy Waters/Preston Foster)


こういったR&Bのカバー曲は90年代初頭のハッピーズでもよく演奏していたのだけれど、今みたいにネットで歌詞がすぐわかる時代ではなかったので当時歌詞カードのないものは必死で音から聞き取ってカタカナ英語にして覚えたのものだった。
しかし今、改めて本物の歌詞と照らし合わせるとまったく違ったり、GSバンドがカバーしたバージョンを耳コピしてたりすると、もうまったく独自の言い回しだったりする。昔覚えた曲はそのカタカナ英語で染み付いてるから、なかなか口が直ってくれなくて困った。まあこれもジャパニーズR&Bのカバーのひとつの形という事で…。

しかしカバー曲を歌うというのはいつも勉強になります。
ここ最近は滅多にない全開でR&Bを歌うバンド、また来年あたりこんな機会があるといいなと思いつつ。

f0105810_11054379.jpg


次回ライブはソロ弾き語りで12/11(日)に渋谷カボットで歌い納め。
お気軽に遊びにきてください。

[PR]
by joenakamura | 2016-12-06 11:06 | 音楽 | Comments(0)