J O E N A K A M U R A B L O G

お気に入りの本屋

某雑誌が「お気に入りの本屋」の特集をしている。
ふと自分のお気に入りの本屋は何処だろうと考えるが、都内の様々な大型書店にはよく寄り道をするが、便利ではあるけれど「お気に入り」という程の店は特にない。
古本屋なら人には教えたくないような好きな店があるけれど、結局頭に浮かぶのは小さな頃に通っていた今は無き近所の本屋だったりする。

実家のある街には、駅前に文具店と書店が一緒になったS堂が長年どっしりと鎮座をしていた。(もう一軒小さな本屋があったが早々に潰れてしまった。)
床は石作りで、いつもひんやりとした空気が立ちこめていて、奥のレジに座るのは大抵おばあさんだった。
自分が小学生の頃、まだコンビニエンスストアが出来始めたばかりでセブンイレブンが11時にきちんと閉店する時代、文具や本はこの店で買うのが家の、否、この街の慣わしとなっていた。

当時テレビで再放送していた「あしたのジョー」のアニメに影響を受け原作漫画が欲しくなり、初めて自分一人で本を買おうと貯めた小遣いを握り締めS堂に向かった。
漫画本はレジの後の本棚に並んでいて自分で手に取る事はできない。
いくつか並ぶあしたのジョーの単行本をながめ、ドキドキしながらおばあさんに当てずっぽうで巻数を言う。
代金を払い、紙袋に入った漫画を抱え一目散に家に帰る。
するとお釣りの金額が足りない(数十円)ことに気づく。母親に告げるも当たり前に「S堂に聞いてらっしゃい」としか言われず、冷や冷やしながらS堂に戻り、おばあさんにお釣りが足りなかった事を伝えるが「ちゃんと払ったよ」としか言われず、確認しなかった自分を責めながら半べそでトボトボ家に戻る。こんなおっちょこちょいな癖は未だに直っていない。人とはある意味成長しないものだ。
後から思えばそう恐い人では無かったS堂のおばあさんだが、このお釣りの件で自分の中で「恐いおばあさん」と刷り込まれてしまった。幼少の記憶とは恐ろしいものだ。

さて紙袋を開けて現れた、初めて買った漫画本は「週刊少年マガジンコミックス」の「あしたのジョー」9巻。
読んでみると期待していたボクシングシーンは全く無く、力石を殺してしまったトラウマを抱え街を徘徊するジョーの姿が描かれるばかり。面白くないなぁとボヤきながらも、せっかく買った漫画本、何度も何度も読み返し、いつしかゴロマキ権藤のカッコよさに痺れるのだった。


おばあさんにビクビクしながらも、長年S堂には通い続けた。
ネットなどなく、何事の情報も乏しいこの頃、棚に並ぶ店主のピックアップした本達が自分にとって大きく広がる世界の扉であったのは確かだ。
背伸びして「スターログ日本版」やスターウォーズのアイロンプリント本を買ったり、映画「スーパーマン」のムック本を予約注文したり、子供らしく恐竜図鑑やガンダム図鑑を買ったり、スケッチブックやノートにボールペン、大人になって実家の側で仕事をするようになってからは週間誌やミュージックマガジンやら音楽誌を買ったりしていた。

数年前にS堂は解体され、コンビニに姿を変えてしまった。
S堂が「お気に入りの本屋」だったのかと言えば実はそうでもないのかもしれないが、この本屋で自分が形成されたのは間違いない。
焼けた背表紙の文庫本が並ぶコーナーを歩くと紙のなんとも言えない香ばしさが鼻をかすめたのを思いだす。


さて最初に買った「あしたのジョー」、最終巻がすごいと噂を聞き、9巻を読み飽きた頃に今度はちゃんと意志を持って「20巻をください」と告げS堂で購入。
9巻はどこかへ行ってしまったが、これは未だにボロボロになりながら自宅の本棚の奥に眠っている。
f0105810_15134070.jpg

[PR]
# by joenakamura | 2017-08-22 15:14 | 考え中 | Comments(2)

ライブ記録(17.08.13 イーストウッズ レコ発)

先日の日曜日8/13は6月にリリースされた中村ジョー&イーストウッズの7インチ+CD「Bye Bye シティライツ」の発売記念イベント「Hello City Lights」@下北沢ベースメントバーにて。

久々の自主企画でバタバタとあっという間に過ぎた1日でしたが、素晴らしい共演陣&DJ、ベースメントの皆さん、そして足を運んでくれた皆さんのおかげで盛況に終える事ができました。ありがとう!感謝感激。フライヤー書いてくれたルミンズさんにも大感謝。

イーストウッズは昼間に最後のリハを終えて15時半頃会場入り。
各バンドのサウンドチェックを終え、18時に谷口君のDJでイベントスタート。
soulcrap、Magic, Drums & Loveと素晴らしい演奏が続いてイーストウッズ。
たぶん今までで最長のライブ演奏時間、全14曲カバーに始まりカバーで終えました。
演奏もやりやすくて最高でした。

f0105810_14002577.jpg

<セットリスト>
・ハーレム(bill withersカバー)
・書割の街
・無邪気なカゲロウ
・ブーステッドマン
・ラストダンスを君と
・THINK OF YOU
・秘密と嘘
・パール・オブ・ザ・クォーター(steely danカバー)
・さよならだって素敵なもんさ
・マスタード
・君は馬鹿だな
・Bye Bye シティライツ

<アンコール>
・ダウンタウンのルージー
・ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット(The Clashカバー)

soulcrapのriddim & bluesでルードな演奏はビンビンに痺れたし、Magic, Drums & Loveのポップでソウルフルでキラキラしたステージはくらくらするほど眩ゆく実にチャーミング。
我ながら素晴らしいバンドを誘えて感無量。勿論バンドの間を流れる谷口君の選曲の抜群だった。
実はMagic, Drums & Loveがクラッシュのカバーをしてるのを知って、僕もやりたくなって先月から「ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット」をレパートリーに加えたのだった。マジドラも「Train in vain」をやってくれて嬉しかった。
ほんとこの2組&DJとやれて良かったです。最高。


さて祭りを終えて、残念ながらイーストウッズ今後のライブ予定無し、お誘いお待ちしております。
なかなかメンバーのスケジュール調整が難しいのですが、ヤル気は満々です。ひとつ。

次回はソロで8/22(火)下北沢 風知空知にて。こちらも凄い豪華メンツです。
-------------------------------------------------
2017年8月22日(火)
【 “That Summer Feeling” case.2 】
出演:
シンムラテツヤ&ジョンとヨーコのアルゼンチンタンゴ
中村ジョー
ランタンパレード
ayU tokiO
時間:Open 18:30 Start 19:00
料金: ADV.¥2000(D別) DOOR.¥2500(D別)
予約: yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp

[PR]
# by joenakamura | 2017-08-16 14:01 | Comments(0)

ライブ記録(17.08.05&08.06)

先週は8/4金曜の晩から大阪入り。
翌日のライブで久しぶりに「ははの気まぐれ」と淺野大志さんとセッションするのでそのリハーサルを梅田で済ます。そういえばここのリハスタ、4年前に淺野さんやマヒトさんと日本橋で飲んでる時たまたまインタビューされた時に話題になった円広志氏経営のスタジオ。
以下そのときのテレビ放送。僕らは7分30分頃ちらっと。

練習後にムジカジャポニカで一杯。
ムジカは来年2月で現在営業中のビルが取り壊しになるそう。この機会にこの場所に寄ることができて良かった。
ローズマリーの入った炒飯が実に美味しかった。せいこさん、ご馳走様でした。


翌日、午前11時にホテルから歩いてライブ会場の雲州堂へ。まだ午前中だというのに既にジリジリ暑い。
蔵をリノーベーションして作られたという雲州堂、実に良い感じ。外の暑さを忘れサウンドチェックを済まし、お昼12時半よりイベントスタート。
今回のイベントは淺野さんが年に一度開催している「淀川越しのキャッチボール」という企画。夜に淀川花火があるので今回は昼間開催と相成った次第。
淺野さん、ははの気まぐれのライブ後、自分が弾き語り。天井が高くて音がふわっと広がって気持ちがいい。

f0105810_12093294.jpg
写真は、ははきまカワケンくん。

以下セットリスト(順番間違えてるかも。)
・風船
・ナイトライド
・黒いバン
・スカイライン(JOEY)
・スカっとさわやか(ハッピーズ)
・からっぽの青春
・さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)
・KOKORO
・Bye Bye シティライツ

最後はははの気まぐれとセッション。
ハッピーズの「ハードフォークブルース」「野良猫'96」そして淺野さんも参加してソロ曲「幽霊列車」を。最後はハッピーズの「浮浪雲」で締め。実に楽しかった。
終演後は近くで出演者で軽く打ち上げ、僕は花火はパスし、まだ時間も早かったので友人宅で飲みなおし。日付変わるころホテルに戻る。よく飲んだ。


翌日6日も朝から猛暑。ホテルをチェックアウトし中崎町まで足を伸ばしカレーを食した後、今日のライブ会場、阿倍野ギャラリー流流さんへ。本日は冬支度さん主催の「靴音までメロウに vol.25」という生音ライブ。
こちらの会場も古屋をリノベした処で、元々は映像上映のために作られたというイベントスペースは生音でも音が広がる良い空間。
トップは冬支度さん、そして松の葉楽団さんの演奏。どちらも実に個性的で素敵な演奏。素晴らしい。
そして最後に自分の出番、途中ギターの弦が切れてあたふたしましたが冬支度、安田さんのギターをお借りし演奏続行。何とか乗り切った次第。感謝。

f0105810_12100534.jpg
写真はたなちえ

以下セットリスト。昨日とは曲がかぶらないようちょっと変えてみました。
・Blue Box
・想像が現実を
・真っ赤な花びら(ハッピーズ)
・窓辺の露
・まるで今日は昨日みたい(ハッピーズ)
・キャンプファイヤー(ハッピーズ)
・白いハイウェイ(JOEY)
・君は馬鹿だな(イーストウッズ)
・さよならだって素敵なもんさ
・Bye Bye シティライツ
・KOKORO
・女心と秋の空(ハッピーズ」

EN

・Digging Your Scene(The Blow Monkeysのカバー)


終演後は近くの個性的すぎる居酒屋で出演者で乾杯。
新幹線の時間があったので小一時間ほどしか飲めなかったのが残念だったが、とても和やかな時間でありました。またユックリと飲めるといいな。

8/5の主催であり、翌日も遊びにきてくれた淺野さん、
8/6主催の、メンバーの安田さんは8/5も見に来てくれてた冬支度さん。
共演のははきま、松の葉楽団さん、そして勿論足を運んでくれたお客様、有難うございました。実に濃い大阪2ディズでした。
願わくば、次回大阪に来るときはもう少し涼しいといいかな、、、


さて次回ライブは8/13(日)イーストウッズレコ発 at 下北沢BASEMENT BARです。
絶対に!!!!きてほしいので宜しくお願いします!
予約はjoe.void.nakamura@gmail.comまで、「8/13予約」の件名で。
f0105810_12122776.jpg


[PR]
# by joenakamura | 2017-08-08 12:14 | Comments(0)

新宿JAM

新宿JAMが年内で閉店するそうだ。
ご多分漏れず自分にとってもこのライブハウスは母校のようなもので、閉店を知った時は何ともいえぬ寂寥の念がこみあげ絶句してしまった。ここで自分の音楽生活が始まったといても過言ではないわけでして。

20歳そこそこ「阿佐ヶ谷ハッピーズ」という名で何となく活動を始めた1990年初頭、後にハッピーズのベーシストとなるコオ君の仕切りのイベントに出演したのが多分最初のJAM体験。(コオ君はその頃「レモンクリーム」というガレージパンクバンドをやっていた。)
後にコオ君が正式加入し、JAMにブッキングしてもらおうと昼の部のライブオーディションに参加、ライブ後は当時店長の高野さんに「カバーやるならもっとわかりやすい曲がいいよ」なんて言われながらも無事JAMから定期的にライブに誘われるようになる。
右も左もわからないままライブを続けてたらヘアのさとうさんに誘われ、バンド名をハッピーズと改名し、いつしか一緒にイベントやライブをやるようになった。さとうさんプロデュースで93年にリリースされたハッピーズ初のシングル、翌年のミニアルバムを録音したのも新宿JAMだった。

その後自分たち主催で始めたのが、VOX Wah Wah Pedal(後のEVIL HOO DOO、学校で同期だったオガワ君がドラム担当だった)とザ・ヘアとハッピーズの3バンドを軸にした「エレクトリック・パブ」(通称エレパブ)とうイベントだったのだけど、これはいつも沢山お客さんが集まってくれて毎晩最高だった。フライヤーを作ったり、Tシャツを作ったり、ともかく毎回「何かが作られてる」ようなドキドキに満ちていて、ここで僕らはずいぶんとバンドへの意識が変わったように思う。
余談だが、イベント名は他にも候補があって、最後に残ったのが「プレイ・ガール」と「エレクトリック・パブ」だった。今思うとエレパブでほんと良かった。

兎にも角にもJAMにまつわる思い出は山ほどあるけれど、思い出は麻薬のように甘美でこのままでは中毒死してしまうので一先ず中断。

3年前にビフォアーズのゲストシンガーで歌ったのが確か最後のジャムスタ、無くなる前にもう一度出たいなぁと切望中。
できればイーストウッズで。
f0105810_11001170.jpg

[PR]
# by joenakamura | 2017-08-03 11:03 | 考え中 | Comments(0)