J O E N A K A M U R A B L O G

ライブ記録(17.09.16)

台風が近づいてくる9/16の土曜日、小雨がパラパラ振る中、近所を自転車散歩。
悪天候の為か閑散としていた商店街の祭りを冷やかし、知人がお勧めの中華料理店で坦々麺と炒飯を食す。美味い。

一度帰宅し、レコードとギターを持って渋谷へ。本日は喫茶スマイル恒例の「負け犬ナイト」。
普段僕は選曲係のみなのだが、本日は弾き語りもする事にした。
サイコな長坂君の選曲、ドープなノギーの選曲の後、21時過ぎに弾き語り開始。
選曲を決めずにゆるゆるとした弾き語りだったけど、負け犬ナイトらしくてこういうの嫌いじゃない。
久々にやるカバー曲も歌えてよかった。

<セットリスト>
・夜汽車のブルース(遠藤賢司カバー)
・からっぽの青春
・祭りのあとにさすらいの日々を(ハッピーズ)
・キャンディセッズ(velvet undergroundカバー)
・女心と秋の空(ハッピーズ)
・ハードフォークブルース(ハッピーズ)
・君は馬鹿だな(イーストウッズ)
EN
・Bye Bye シティライツ(イーストウッズ)

f0105810_10550512.jpg
写真はトッコちゃん。

弾き語り後は、ケンティのグラムなDJ、自分のマンガ選曲時間を経てノギーの怪談コーナー。
欠席予定のスダッチ先輩も急遽参加し夜は混沌と更けていく渋谷午前0時前。
混沌といえば長坂くんが回したコントーションズ、燃えたな。

次回は10/1(日)、ケンティ率いる「Pontiac Pan」のゲストVOでグラム曲を少し歌わせてもらいます。
-----------------------------
2017年10月1日(日)
出演:
オレンジズ
ヤングパリジャン
Pontiac Pan
会場:高円寺 Show Boat
時間:Open 17:30 Start 18:00
料金: 前売3000円(+1D)当日 3500円(+1D)


[PR]
# by joenakamura | 2017-09-18 11:10 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.09.08)

9月8日(金)、生業を終えて慌てて東高円寺へ。
今夜はU.F.O.CLUBの【BACK FROM THE GRAVE RETURNS】にてザ・ハイマーツのゲストVoで2曲ほどGSを歌うのだ。
このまま秋かと思った矢先に蒸し暑い気候で、会場へ向かう急ぎ足の身に汗がしたたり落ちる。首にかけたハンドタオルもぐっしょりだ。
なんとかサウンドチェックにギリギリに到着して、初顔合わせのハイマーツと練習もかねて音を出す。
27歳ほど年下!のガールズバンドの前で歌うのはなかなか照れくさいものだったが何とかなりそうだ。

15分押しで会場オープン。
JIMMY MASHIKO氏のGSばかりのDJに胸が熱くなる。
20代前半に聞きあさったカルトGSたち、最近では滅多に聞くこともないが、音を聴くと細胞の中に残っている「ガレージソウル魂」がふつふつと温度を上げていくのがわかる。カッコイイ。
そしてライブTOPにハイマーツの登場。
僕は後半に2曲ザ・モップスの「I'm Just A Mops」、ビーバーズの「Why Baby Why」を歌った。
「I'm Just A Mops」の最後のリフレインで、同曲をカバーしてたvox wah wah pedal(EVIL HOO DOOの前身名)に敬意を表して一箇所「I'm Just A Vox」と歌ったの、誰か気づいただろうか。
しかしハイマーツ、若いのに堂々としていてカッコイイ。オリジナル曲も良いし先が楽しみだ。

イベントはロッキンDJを挟みながらJET BOYS,VIVIAN BOYS, KILLER CHINADRESSと熱量をあげながら進んでいく。
久々のガレージイベント、実に楽しい。ビールもお代わりも進む、進む。
珍しく話す友人知人もいて、その懐かしい感触で何だかバンドを始めた頃のような初々しい気持ちになった。
最後のBOBBY’S BAR feat.TUCKERが終電の関係で見られなかったのが悔しかったが、存分にBFGRを堪能、誘ってくれたノブさん、ハイマーツの皆ありがとう。またぜひよろしく。

f0105810_16021729.jpg
photo by Yukiko Ono


次回ライブはソロ弾き語りで、9/16(土)喫茶スマイル恒例「負け犬ナイト」内で歌います。
ノーチャージですので、試しに見てやろうという方も是非お気軽に。
出番は21時ころ。僕のマンガDJは22時半頃です。




[PR]
# by joenakamura | 2017-09-12 16:09 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.09.01)

9月にカレンダーをめくった途端に、建物の陰に潜んでいた「秋」が急に羽根を広げてしまったようである。
暑がりの自分にとっては涼しくなるのは大変嬉しいのだが、もう少し冷やし中華や素麺を楽しみたいので夏が底力を出すのを未だ待ち焦がれている。

先週の金曜日は喫茶スマイルで弾き語りを。
今回はAtsuko Ishihara Group、Suri Yamuhiさんとの共演。
どちらも一回り以上歳下の若者達だったのだが、ルーツを感じさせながらも独自の歌を繰り広げていてとても素晴らしかった。
こういう全く未知の共演は得るものが多くて本当に楽しい。
組んでくれたマーキンありがとう。またよろしく。

自分はといえば相変わらずのコードストロークばかりの荒々しい弾き語りだったけれど、夏の終わりにハッピーズ「アンドロメダ急行」を歌えてよかった。あのアルバムはやっぱり夏のアルバムだと思う。それも終わり間際の。

<セットリスト>
・幽霊列車
・ハードコア
・からっぽの青春
・スカム
・アンドロメダ急行(ハッピーズ)
・君は馬鹿だな(イーストウッズ)
・KOKORO
・Bye Bye シティライツ(イーストウッズ)

EN
さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)


写真はカミちゃんから頂戴しました。
f0105810_13292583.jpg
次回ライブは今週末9/8(金)にハイマーツのゲストで少し歌います。
出番は20時頃です。よろしく。
---------------------
BACK FROM THE GRAVE RETURNS
「Naoya Art Exhibition special」@ U.F.O.CLUB

Live:
JET BOYS with guest COCO(THE LET'S GO'S)
KILLER CHINADRESS (Nagoya)
VIVIAN BOYS
BOBBY'S BAR feat.TUCKER
ザ・ハイマーツ with guest 中村ジョー(イーストウッズ,ex.ザ・ハッピーズ)

B.F.T.G. DJs:
JIMMY MASHIKO
DADDY-O-NOV
MR.DEATH

VENUE: UFO CLUB
OPEN/START: 19:00
ADV: 1,800yen(+D)
DOOR:2,300yen(+D)
---------------------

BACK FROM THE GRAVEといえば、ハッピーズがまだ「阿佐ヶ谷ハッピーズ」を名乗り駆け出しでGS的サウンドをやっていた頃にノブさんに誘ってもらって出演した事がありとても嬉しかったのを覚えている。
確か共演はギターウルフとギニーヴァンプスだったと思う。
古着で買ったフルリシャツで衣装をそろえ、何故か自分は金髪のマッシュルームカットのヅラにサングラスをかけた姿だった。きっとダムドの変名サイケバンド「NAZ NOMAD & THE NIGHTMARES」みたいにしたかったんだろうと思う。若いね。








[PR]
# by joenakamura | 2017-09-06 13:32 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.08.27)

8月26日、土曜。
昼間、自転車で散歩を済ませ、マーチ35周年に顔を出そうとおもいつつもタイミングが合わず。
夕方からは喫茶スマイルで恒例の「負け犬ナイト」に選曲で参加。
自分は相変わらずの勝手なマンガ曲しばり。
小さな頃これを聞いて「水金地火木土天海冥」の星の並びを覚えた、1980年放送の「宇宙大帝ゴッドシグマ」のED「レッド・ブルー・イエロー」をかける。
実際の星の並びは「水金地火木土天冥海」が正しいのだが、このアニメの舞台2050年には冥王星と海王星の順序が逆になっているそうでこの順序で歌われたそうだ。まったくもってややこしい。おかげで間違えて覚えてしまったよ。作曲は小林亜星氏。




翌27日、日曜。少し気温が下がって過ごしやすい。
昼間は家の近場をまた自転車散歩してカレーなんぞを食べる。
少し涼しいとはいえ陽射しは強くじんわりと汗が滲むが、なんとなく秋の匂いがしてきたようだった。

夕方から恵比寿エンジョイハウスへ。
ワックワック山下さんが料理を振舞うGROOVE居酒屋presents「古味早ヤマシタ」というイベントにて弾き語り。
ビールと料理に舌鼓をうち、21時過ぎからフリーダムスイートフォーククラブの演奏。
一緒に1曲スパイダースの「ノーノーボーイ」を歌わせてもらう。相変わらずいい曲だ。
その後に自分の出番。「流し」という事で普段やらないカバーもやってみる。

<セットリスト>
・僕のベイビーは何処へ?(ハッピーズ)
・スローなブギにしてくれ(南佳孝)
・Digging Your Scene(ブロウモンキーズ)
・黒いバン
・君は馬鹿だな(イーストウッズ)
・Bye Bye シティライツ(イーストウッズ)
EN
・さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)

レアジャパニーズソングが延々と流れる中、いい感じに酔っ払い帰宅。
ほんと面白い選曲で満足。今度はGROOVE居酒屋、演者じゃなく遊びに行こう。


写真はフリーダムスイートフォーククラブ
f0105810_14163062.jpg


次回ライブは9/1(金)喫茶スマイルにて。
共演は
・Atsuko Ishihara Gtpup
・Suri Yamuhi

時間:Open 19:00 Start 19:30
料金: 1500円+ドリンク

僕は最後の出番でソロです。ぜひ。

[PR]
# by joenakamura | 2017-08-29 14:18 | 音楽 | Comments(0)