J O E N A K A M U R A B L O G

ライブ記録(16.12.03 中村ジョーwith Wackdoor Men)

12/3(土)はU.F.O.CLUBにてThe Steed Hoovesが主催のイベント「GO NOW!」に「中村ジョーwith Wackdoor Men」で出演。

そもそも「中村ジョーwith Wackdoor Men」とは何ぞやと言う事ですが、僕がボーカル、ギターにWack Wack Rhythm Bandの山下洋さん、Backdoor Menの楽器隊、青芝さん(ギター、イーストウッズでもお世話になってます)、八坂さん(ベース)、鈴木やっさん(ドラム)の5人編成のバンドでして、以前2007年大晦日にこの編成にてストーンズ曲中心のカバーバンド“December's Children”としてライブしたのですが、名義を変えたそのバンド再び、といった趣でありました。
今回もストーンズ曲(というかストーンズがカバーしたR&B)を中心にR&Bクラシック9曲を演奏、当日含めたった2回のリハーサルのみで不安もありましたが何とか完奏できて感無量。
ご来場の皆様、スタッフの皆様、共演のバンド、DJの皆さんありがとうございました。楽しいイベントでした。


以下セットリスト ※()内はシンガー&作者
・I Just Want To Make Love To You(The Rolling Stones/Willie Dixon)
・In The Midnight Hour(Wilson Pickett/Wilson Pickett, Steve Cropper )
・Walking The Dog(The Rolling Stones/Rufus Thomas)
・Respect(Otis Redding/Otis Redding)
・Down Home Girl(Alvin Robinson/Jerry Leiber & Artie Butler)
・A Certain girl(Yardbirds/Allen Toussaint)
・Around and Around(The Rolling Stones/Chuck Berry)
・Ain't Got No, I Got Life(Nina Simone/James Rado, Gerome Ragni, Galt MacDermot)
・Got My Mojo Working(Muddy Waters/Preston Foster)


こういったR&Bのカバー曲は90年代初頭のハッピーズでもよく演奏していたのだけれど、今みたいにネットで歌詞がすぐわかる時代ではなかったので当時歌詞カードのないものは必死で音から聞き取ってカタカナ英語にして覚えたのものだった。
しかし今、改めて本物の歌詞と照らし合わせるとまったく違ったり、GSバンドがカバーしたバージョンを耳コピしてたりすると、もうまったく独自の言い回しだったりする。昔覚えた曲はそのカタカナ英語で染み付いてるから、なかなか口が直ってくれなくて困った。まあこれもジャパニーズR&Bのカバーのひとつの形という事で…。

しかしカバー曲を歌うというのはいつも勉強になります。
ここ最近は滅多にない全開でR&Bを歌うバンド、また来年あたりこんな機会があるといいなと思いつつ。

f0105810_11054379.jpg


次回ライブはソロ弾き語りで12/11(日)に渋谷カボットで歌い納め。
お気軽に遊びにきてください。

[PR]
# by joenakamura | 2016-12-06 11:06 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(16.11.23「都会のハッピーズ20周年記念」)

昨日は下北沢leteにて「都会のハッピーズ 20th Anniversary」ライブ。
みなさん、曇り空の中、ご来場有難うございました。

色々トチるところも多かったですが、ともかくこれが2016年版のハッピーズの曲のスタイル・・・という事でどうかご勘弁を。戯言のMCの多さもあわせて失礼。
ハッピーズの曲は一人でもたまに弾き語りするのですが、やはりワカのギターとコーラスが入るとグっと「ハッピーズ」になる不思議。
しかし2人だけでこんな沢山の曲を演奏するのも久々だったけれど、そもそもハッピーズの前身「阿佐ヶ谷ハッピーズ」はこの2人編成として18歳の頃にスタートしたのだった。原点回帰?

以下セットリスト

前座:中村ジョーソロ
・幽霊列車
・ひとりの悲しみ(ズー・ニー・ヴーのカバー)
・風にひとりで(井上大輔のカバー)
・黒いバン

ジョーとワカ
・ハードフォークブルース
・昼下がりの手紙
・スカっとさわやか
・野良猫2016
・海沿い列車紀行
・傷だらけの恋
・浮浪雲
・もしもの世界
・キャンプファイヤー
・ハート泥棒
・気まぐれみっどないと
・祭りのあとにさすらいの日々を

EN
・女心と秋の空

f0105810_10345518.jpg

人生短いから出来る時に何かやってこうかな、と思う今日この頃。
ワカの本業はカリーバー「ヘンドリクス」のマスターなので、なかなか共演は大変ですが、また来年何か出来たらよいなと思う次第。
ひとつよろしくです。


次回ライブは12/3(土)にU.F.O.CLUBにて「中村ジョーwith Wackdoor Men」で昔のR&Bとかを歌います。こちらもひとつ。



[PR]
# by joenakamura | 2016-11-24 10:40 | 音楽 | Comments(2)

「都会のハッピーズ」夜話05 最終回

その01><その02><その03><その04

シングルのリリースに続き、アルバムリリースの準備も始まった。
前回までの写真撮影はフォトグラファーの大山ケンジさんだったが今回からは僕の彼女にお願いする事にして、当時バイトしていた神宮前にある木造りのパブ「ぎっちょん」で豪快に食事をする等という写真をいくつか撮ったのだが没にし、あらためて六本木から青山、外苑にかけて歩きながら撮影、その素材を小田島君に渡しアルバムジャケットの製作をお願いする事となった。
確か「都会のハッピーズ」というアルバムタイトルは、ジャケの打ち合わせをしている時にワカから初めて聞いた気がする。どういった意図なのか本意は分からないが、ふざけてるようで意味深なようで、東京出身者の多いハッピーズ(カズオだけが秋田出身)自身の事を示しているようで、今となってはこれ以外考えられないタイトルではないかと思う。今度飲みながら真意を聞いてみよう。

ロッキンオンジャパン等で使われたアー写は、セントラル青山というマンションでゲリラ撮影したもの。
1970年に作られたこのマンションはいまだ健在。(写真では分からないがアールのついた玄関先の階段などもとても洒落た造りだ。)
以下それのアウトテイク。
f0105810_15232289.jpg



シングルのフライヤーは作ったものの、ミディからのアルバム宣伝用のフライヤーは無く、リリース直前11/16に新宿ジャムで開催した自主企画「エレクトリック・パブ」にて、自作のフライヤーを配布。
12月21日のライブと翌年1月にNESTで開催のレコ発ライブの告知も掲載されている。レコ発のゲストは曽我部恵一君。(当日何曲かセッションしたはずだ)
f0105810_15252529.jpg



その日の「エレクトリック・パブ」の共演はミスティック・アフロ。
毎回配るパンフレット風チラシ裏面には2nd「アンドロメダ急行」に収録の「マキシマム・ロック」の歌詞が掲載されている。この時点でもう曲が出来ていたのかは曖昧だ。
問い合わせ先がすでにミディになっている。
f0105810_15333351.jpg


中面にはいくつかのニュースと僕のコラムが掲載。アルバム発売やライブ、DJイベントの宣伝に加え、彼女が働いていた古着屋「エマ」の宣伝もしている。コラムにある大阪のカレー店「カシミール」は当時あった場所からは引越ししたが、今も人気店だ。
f0105810_15364920.jpg



さてアルバムのジャケットは、CDジャケサイズ四つ折ペラの長い巻物的ものとなった。
オレンジとイエローとレッドをベースコラージュされた、少しはっぴえんど「ゆでめん」を思わせる素晴らしい出来。小田島君ありがとう。このジャケでハッピーズがフォーキーなサウンドに変化したことが良くわかる。(実際に改めて聞くと、フォーキーというより70sテイストの様々なロックから影響うけているのがよくわかる)
トレイ下のコラージュはメンバーの顔写真をコラージュしたものだった。
f0105810_15402744.jpg
こうして1996年11月25日、僕らの最初のフルアルバム「都会のハッピーズ」はミディ/ライムよりリリースされた。
大きな話題にはならなかったけれどハッピーズがバンドとして一番旬な時期をパッケージした良い作品になったんじゃないかと思う。下手だけど若さがギュッっと詰まっている。

ここで、最後に「都会のハッピーズ」がアナログでリリースとなります!CDもリマスタリングで再発!
と面白いニュースが伝えられれば良かったのだけれど、そんな事はなく現状廃盤とはなっていないものの(ミディは廃盤にはしないそう)かなり入手困難な状況。未聴の方は中古屋などで見つけたら是非聞いてみてください。もしくは持ってる方にダビングしてもらってください。





さてあれから20年、ワカと久々に一緒にやります。遊びにきてね。まだ若干数、席あります。

-----------------------------------------------------
11月23日(水・祝)at 下北沢lete
「都会のハッピーズ 20th Anniversary」
出演:中村ジョー / ゲスト: 若林タケシ(ex ザ・ハッピーズ)
Open 14:00 / Start 14:30 ※昼間です
Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink

席数20ほどなのでご予約おすすめします。
http://www.l-ete.jp/live/1611.html#d23
-----------------------------------------------------

「都会のハッピーズ」夜話はこれでおしまい。長々駄文読んでいただきありがとうございました。




[PR]
# by joenakamura | 2016-11-11 16:25 | 「都会のハッピーズ」夜話 | Comments(0)

「都会のハッピーズ」夜話04

その01><その02><その03

この頃はよくワカと一緒に曽我部君と飲みいく機会があった。
下北で3人で飲んでいたら終電を逃し曽我部君の家に転がり込んだとある晩、曽我部君が「Barf-Outの懸賞用で曲を作らなくてはいけないので今一緒に作ろう」という事になり、酔ったままでMTRを囲んで急遽作業がはじまった。朝型には録音は終了。曲はワカと曽我部君がアコギで作り、2人のファルセットのコーラスが気持ちいいサビの合間を、ベロベロ酩酊状態の僕が語りをするという「もうすぐ夏です」という珍曲は、雑誌「Barf-Out」の「トラベル・イン・マインド2」という連載の懸賞として「フォークチャンピオンズ」名義で7インチEP(それもホワイト・ヴァイナル)としてプレスされた。(カップリングはシトラスの「HIVERNATE UNDER THE GROUND」)
このEP、確か家のどこかにあるはずだが、見つからない。しかし聞き返す勇気も無い…。


さて9月26日に発売となるシングルは「女心と秋の空」と「ハードフォークブルース」、そして<その3>で書いた「それだけさ」という曲をボーナスに加えた3曲構成となった。
という事でリリースのために宣伝用の写真、フライヤー、ジャケット製作等の準備をはじめなくてはいけない。
デザインはサニーデイの「東京」を手がけていた小田島君にお願いする事になった。元々小田島君とは桑沢デザイン研究所で友達だったので話は早かった。(ハッピーズはワカと僕と西君が桑沢デザイン出身だ)

宣材の写真撮影はジャムで馴染みの新宿で。
シングルのジャケットはお店のショーウンドウに文字が浮かんでいるイメージ(ドアーズの「モリソンホテル」的な)があったので、横浜元町周辺をロケハンしてたまたま見つけた「おしゃれの店 カヨ」の外見を使わせて貰う事になった。(後から知ったのだが、ここは通称「カヨコート」というオリジナルコートが有名なお店で、根強いファンの多い名店だったそう。2013年に惜しくも閉店してしまったそうだ。)


以下は宣伝用フライヤー
f0105810_12353133.jpg
f0105810_12363769.jpg

以下はシングルジャケ
f0105810_12370684.jpg
つづく


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんなのやります。
11月23日(水・祝)at 下北沢lete
「都会のハッピーズ 20th Anniversary」
出演:中村ジョー / ゲスト: 若林タケシ(ex ザ・ハッピーズ)
Open 14:00 / Start 14:30 ※昼間です
Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink

席数20ほどなのでご予約おすすめします。

[PR]
# by joenakamura | 2016-11-08 12:45 | 「都会のハッピーズ」夜話 | Comments(0)