J O E N A K A M U R A B L O G

「都会のハッピーズ」夜話03

その01><その02

アルバム用に録音された曲は11曲。
もっとも古い楽曲は「野良猫’96」でこれはLOVIN' CIRCLEから94年にリリースした「SOUL HUNTER」に収録の「野良猫のブルース」を自分たちなりにシティポップ風にリアレンジしたもの。
そして「ハート泥棒」も94年頃からライブのレパートリーとして演奏してきた曲だった。

「海沿い列車紀行」はスタジオで急遽作った曲で、ギターと歌が僕、マンドリン(曽我部君から借りたもの)がワカ、カズーが西君、ドラムのカズオは不在だったのでリズムのキックはコオ君が担当、数回練習したのみで1発録音をした。
このセッティングが面白かったので、各自がブースに入った状態のまま、いきなり録ったのが「それだけさ」という曲で、勝手に僕が演奏、歌詞もその場で思いつきで歌ってる中、皆が想像で楽器を演奏してついていくという出来も見事にハチャメチャ極まりないものだったけど、面白かったのでその後シングルのカップリングに入れることにした。今思い出してもあの時は面白かった。
「キャンプファイヤー」は、サビの部分は現場に居たみんなでユニゾンでコーラスを入れたのだけど、むせこんだ咳をしているのは確かディレクターの渡邊さんだ。

「気まぐれみっどないと」は一度録音したものの、60年代サイケデリック過ぎてアルバムに合わない気がしたので、悩んだ結果、もっとフォーキーにしようと吉田拓郎を意識して、オケはそのままにメロディと歌詞を全部作り直してダビングしなおした。(ダビングをしらずに後ほど聞いたカズオはビックリしていた)
初期のバージョンはこちら↓



KOGA RECORDSから1996年10月にリリースされたスパイダースのトリビュート盤「スパイダース大作戦」にて、僕らがカバーした「エレクトリックおばあちゃん」の録音もこのアルバム録音の最中に同時に行ったもので、間奏部分に僕とワカのよくわからないトークを入れたり、後奏はドラムのタムを西君が手で叩いてサンバ風にしたりとやりたい放題で楽しかった。
f0105810_12592246.jpg


兎にも角にも、ゴックサウンドでの現場では、初のセルフプロデュース、そして渡邊さんも「いいねぇ!」とすぐ乗り気になってくれたせいもあって、変な事をしたくてしょうがなかったようだ。

遊びにきてくれた曽我部君が最後にアルバムの曲順を一緒に考えてくれて、楽しい録音期間は終了。インディでのリリースなのですぐにアルバムはリリースされるかと思いきや話は一転、渡邊さんから電話があり「出来が良かったのでメジャー流通にしたい」との事。

思ってもみなかった嬉しい展開で、まずは9月にシングルを、そして11月にアルバムをリリースという事に。

つづく


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんなのやります。
11月23日(水・祝)at 下北沢lete
「都会のハッピーズ 20th Anniversary」
出演:中村ジョー / ゲスト: 若林タケシ(ex ザ・ハッピーズ)
Open 14:00 / Start 14:30 ※昼間です
Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink

席数20ほどなのでご予約おすすめします。

[PR]
# by joenakamura | 2016-11-07 13:13 | 「都会のハッピーズ」夜話 | Comments(0)

「都会のハッピーズ」夜話02

01はこちら
曽我部君は、雑誌「Barf-Out」に不定期連載されていた「自由に歩いて愛して」の記事に掲載されたハッピーズの時代錯誤な写真を見て既に僕らを知っていて気にしてくれていたらしく話はトントンと進み、当時曽我部君がミディ内でやっていたインディレーベル「HAWAII RECORDS」でリリースしようという話はサニーディのディレクターだった渡邊氏も異論もなく、録音の手筈は順調に進んでいくこととなった。


さてアルバムを作る為には曲が必要なわけで、勿論既に数曲候補はあったものの何曲かは新たに書かなくてはいけなかった。
確か「女心と秋の空」という曲は、渋谷BYGでリハーサルをした時(当時のBYGにはリハーサルスタジオがあった)にワカから初めて曲を聞かされて「女心と秋の空ってタイトルで歌詞を書いてよ」と言われてた僕が歌詞を書いたはずだ。


ライブもしながら曲作りを進める最中、僕らの新宿ジャムでの企画「エレクトリック・パブ」にサニーデイが出てくれる事になった。95年12月の事。
サニーデイは後にシングル「サマーソルジャー」のカップリングとなる「湖畔の嵐」という曲をすでに演奏していて(ちなみに「サマーソルジャー」のジャケットの後ろ姿の男は若林君だ)「かっこいいなぁ」と唸った覚えがある。

下はその日のライブで配布したA4二つ折りのパンフレットのようなもの。
(「エレクトリック・パブ」ではライブ当日にそういうものを配るのが常だったのだ)
f0105810_00470648.jpg

明けて1996年。2月にサニーディの「東京」がリリースされる。
にわかにサニーディ周辺が忙しくなるのを感じつつ、その後の春先辺りから(ちょっと時期はあやふやだが)ハッピーズのアルバムの録音が吉祥寺にあるゴックサウンドでスタートする。
古い機材の充実したゴックは「アナログで録音にしたい」という僕らに打ってつけで、初のセルフプロデユースでの録音は、エンジニア近藤さん、渡邊D、サニーデイらの助言を受けつつ、試行錯誤しながらも総日数1週間ほどで初夏には終了するのであった。

続く


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんなのやります。
11月23日(水・祝)at 下北沢lete
「都会のハッピーズ 20th Anniversary」
出演:中村ジョー / ゲスト: 若林タケシ(ex ザ・ハッピーズ)
Open 14:00 / Start 14:30 ※昼間です
Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink

席数20ほどなのでご予約おすすめします。
http://www.l-ete.jp/live/1611.html#d23

[PR]
# by joenakamura | 2016-11-04 11:25 | 「都会のハッピーズ」夜話 | Comments(0)

「都会のハッピーズ」夜話01

今年の11月25日でハッピーズのアルバム「都会のハッピーズ」リリースから20年経つそうだ。
ついこの間の事のようだ、、、とまでは言わないまでもまさか20年も経ったとは信じがたい。その年に産まれた子供が成人になるほど時間が経っていると思うと、すっかりこれも年代モノのレコードになってしまったのだなぁと感慨深くなる。

せっかくなのでこのアルバム制作当時がどうだったかちょっと思い返してみたが、さすがに20年、所々もうモヤがかかったかのように記憶が曖昧だ。この先どんどんと記憶は逃げていく一方なのでちょっと備忘録として何か記してみようと思う。あくまで僕の主観なので、ニュアンスが違っても関係者の人あしからず。



95年頃のザ・ハッピーズは、93年頃から新宿ジャムではじめた自主イベント「エレクトリック・パブ」を中心としながら和モノシーンでライブを続けていたのだけれど、当初の所謂「GS(ガレージソウル)」を中心とした音楽性からグラム、歌謡、70年代ロック等の影響を受けて徐々に変化をしはじめていた時期だった。

その時期は94年からはじまったザ・ヘアのさとうさんと北沢夏音さん、フミヤマウチ君を中心とした渋谷のインクでのイベント「自由に歩いて愛して」のおかげで和モノシーンがより色々な音楽とクロスオーバーしてグングンと熱量が上がり続けている真っ最中。
常に共演してたザ・ヘアがよりディープに真摯に和モノを追求していく中で、僕らは先述の通り、幾多の音楽性が混じりあい独自の活路を見出そうとバタバタしていた頃だったように思う。

僕個人といえば彼女の影響で「はっぴいえんど」をはじめとした日本のフォークロックに傾倒するようになり何となくワカから教わった幾つかのギターコードでようやく曲を作るようになっていた。(それまでハッピーズの曲はギターのワカに頼りきっていた。)
次第に僕の作ったそういう曲をバンドで合わせるようになるんだけれど、ライブではフォーク歌謡なオリジナルをやりつつもストーンズやキャンドヒートのカバー、ワカ作のグラム歌謡もやるという何とも変わった状態だった。でもハッピーズはそういう無茶苦茶なのが良かったと思ってる。

当時作った自作曲(ワカも一部制作)「夜が明けたら」


ワカ作のグラム歌謡ロック「エレクトリック・カウボーイ」



そんな95年、巷でサニーデイサービスというバンドが昔っぽくていいらしい、とい噂を耳にするようになる。雑誌でみた「若者たち」のジャケは確かに70年感バリバリで早速聞いてみると70年代的でありながらも今まで自分が居たシーンとは明らかに違う瑞々しい音で興味をひかれた。(後から思えばそれはネオアコ的な部分だったと思う)

すると「自由に歩いて愛して」にサニーデイが出演するという。僕らは共演だったのか遊びにいったのか忘れてしまったけれど、その時に初めて曽我部君に出会い、飲んで意気投合してトントン拍子に「じゃあミディで録音をしようよ」という運びになったのだった。これがその後の「都会のハッピーズ」。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんなのやります。
11月23日(水・祝)at 下北沢lete
「都会のハッピーズ 20th Anniversary」
出演:中村ジョー / ゲスト: 若林タケシ(ex ザ・ハッピーズ)
Open 14:00 / Start 14:30 ※昼間です
Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink

席数20ほどなのでご予約おすすめします。
http://www.l-ete.jp/live/1611.html#d23







[PR]
# by joenakamura | 2016-11-02 12:57 | 「都会のハッピーズ」夜話 | Comments(0)

ライブ記録(16.10.22)

昨夜は下北沢風知空知にて、三輪二郎君がホストをつとめるイベント「二郎s BAR」に中村ジョーwithおきょんで出演。共演は久々の福岡史朗さん&まっちゃんで楽屋の下ネタから会場での打ち上げまで大変楽しかった。よく飲んだ。
某局の撮影が入っていて運が良ければ地上波で映るかもしれないが期待はしないでおく。

以下セットリスト
1.風船(ソロ)
2.ナイトライド(ソロ)
3.空き地に咲いた花(ハッピーズ)
4.黒いバン(ソロ)
5.スカイライン(JOEY)
6.あの向こう(イーストウッズ)
7.スカっとさわやか(ハッピーズ)
8.そう思う(ソロ)
9.さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)

次回ライブは11.23(水・祝)に下北lete。
詳細は追って。

f0105810_13041744.jpg


[PR]
# by joenakamura | 2016-10-23 12:52 | 音楽 | Comments(0)