J O E N A K A M U R A B L O G

2017年 12月 15日 ( 1 )

ライブ記録(17.12.07)

寒い。冬だと思うにはまだ早いので、これは「秋の突然変異だ」と思いつつも、今日は持ってるコートで一番防寒できるN3Bコートを着てしまった。
しかし、このN3B、大分見窄らしくなったが、アメ横で買ってからもう15年以上着てるんじゃないか。丈夫でありがたい。

一週間以上経ってしまったが、先週の木曜12/7は下北沢の風知空知でリトルイーストウッズでライブでした。共演はノアルイズレコード店主の阿部さん率いるブラインド・レモン・サワーでDJはカントリー田村さん。
数度見ているブラインド・レモン・サワーは、シャッグスジャンデックサン・ラを演奏しているようなアウトサイダーミュージックで、アシッドで呪術的なのにホンワカしているという不思議なサウンド。脳がクラクラしてくる。
カントリー田村さんのDJはセンスの良いロック選曲で気持ちよし。若い頃バンドでハッピーズをカバーしてくれた事があるそうで、そう聞いて嬉しかった。

さてリトルイーストウッズは今回は初の中村、青芝、おきょんの3人編成。
イーストウッズ曲に加え、本家ではやらないカバーも演奏。青芝さんコーラスも交えフォーキーな趣で好きな感じで演奏できた。
今回の新カバーは1972年のアメリカのヒット曲「名前のない馬」と、映画「はじまりへの旅」の劇中で、子供たちが演奏するガンズの「Sweet Child o' Mine」があまりに素敵だったので、歌ってみたくなって急遽セットに加えてみた次第。

以下セットリスト
・書割の街(イーストウッズ)
・ダウンタウンのルージー(イーストウッズ)
・秘密と嘘(イーストウッズ)
・名前のない馬(アメリカのカバー)
・何処へいっても(山口冨士夫のカバー)
・Sweet Child o' Mine(ガンズ・アンド・ローゼズのカバー)
・さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)
・君は馬鹿だな(イーストウッズ)
・バイバイシティライツ(イーストウッズ)

EN
・Gimme Little Sign(ブレントン・ウッドのカバー)

f0105810_12211867.jpg
写真はカミちゃんから。


終演後も楽しく飲んで良い木曜日でした。
今年も風知空知、お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

年内、実は何かライブありそうではありますが、ちゃんと決まり次第お知らせします。
来週の12/22(金)に高円寺グリーンアップルでの「HCTN Loung」で忘年会的にマンガレコード持って行って流したりします。ノーチャージ、キャッシュオンです。

[PR]
by joenakamura | 2017-12-15 12:28 | 音楽