J O E N A K A M U R A B L O G

DAIKANYAMA

代官山でライブでした。
久々に行く代官山は相変らずのお洒落タウンでした。
缶ビールを買うのも一苦労。なんだか東京に住んでるのに遠征に来たような気分。
(普段行かない街だからでしょうけどね)

ライブハウス前でビール飲んでいたら、懐かしい方にばったり会ったりして
まさに不思議感が増殖。うむむ、変な感じだ。

ライブ出演は計5組。
僕は最後の出演。今回は特典CDRを付けたのだけど楽しんで貰えたらいいなぁ。
(演奏はしませんでした。リハでは合わせたんだけど)
演奏内容はといえば、久々の西君との演奏でビリビリきました。
普通の綺麗な弾き語りサウンドを期待している人には?という感じも
するかもだけど、自分にとってはまさにドンピシャな気分。
何かがゆっくりと錆びていって、そして研磨されるような、そんなステージでした。
満足感のあるライブでした。
ご来場の皆有難う。

終演後は渋谷まで歩いて、こじんまり打ち上げ。
それも渋谷のディープスポット山家にて。(24時間営業!)
この居酒屋、高校時代から行っていて、たいしてツマミも美味い訳でもないんだけど
何だかずっと好きな店。(バンドマンには御用達)
あまりに変わらないゆるい空気の中、乾杯する。
気を抜いたらあっという間に朝になりそうなので、そそくさ退散。

暑さ、湿度、そしてライブの疲れ、そしてほろ酔いの中、電車に乗り込む。
こういう疲労感は心地いい。
[PR]
# by joenakamura | 2006-07-09 02:19 | 音楽 | Comments(0)

恵比寿の猫

今日は久々に渋谷へ自転車で向かう。
休日の渋谷の人の多さには東京人でも本当にびっくりする。

人ごみをすり抜けタワレコで買い物。
CDはアマゾンとかで買うことが多かったので、ジャケットを眺めながら物色するのが楽しい。
ブライアン・イーノなど買って、飯でも食おうかと思ったが、人の多さに疲れたので
恵比寿に移動しラーメン屋「あふり」で食事。
店裏が大きな窓越しに見えるのだが、野良の子猫が、出汁をとった残りと
思われる煮干を食べていた。
最初写真を撮ろうと窓辺に近づくと、驚いて一目散に逃げてしまった。
5分後、くらいにまた戻ってきたので、脅かさないように後ろから撮影。
可愛い黒猫だった。
f0105810_057643.jpg

[PR]
# by joenakamura | 2006-07-02 00:57 | 生活 | Comments(0)

6.29UFO

UFOクラブでのライブ。
そこUFOで働く田代君率いるTHISBOXの企画。
THISBOXはまだまだ成長過程のバンドだと思うけど(悪い意味でなく)
田代君の繊細な声に導かれるサウンドがすごく涼しげで、気持ちがいい。
かっこいい、というか折れそうなその細さが愛らしい。たとえビッグマフを踏んでいても。

で、僕らは中村ジョーセッションズとしての初の編成。
もともとは中村ジョートリオでの演奏予定だったが、西君の都合がつかず、
急遽、敬愛するLAKEの2人に参加してもらう事となった。
LAKEのEG長久保君、フルートの岩下さんとは以前にも何度か合わせたことがあるのだけど
ベースレスのこの編成は初めて。
リハも1回しか行わず、(岩下さんは不参加)4人揃うのはステージの上が初!
というにもかかわらず、あまり心配していなかった。
こなれていないサウンドというのは凄く張り詰めていて個人的にも緊張感があって
好きだし、このメンツなら、まずいい演奏ができるだろう、と漠然とした感覚があったからだ。
(それはグループ編成のとき、いつも思うことだ。)

中村ジョートリオの時の、狂った感覚は影を潜めながらも、
自分の曲を、銘々が演奏している様は、とても愛しく、いつもは深く重い北山さんの
ドラムのビートも、波のようなゆるやかさがあった気がする。

座って聞いていたお客さんを前に、淡々とした演奏されたサウンドは、さながら
水平線に揺らぐ陽炎のような感じがした。

最後の「BLUE BOX」を終え、あっという間に持ち時間が終わる。
(それでも少し時間オーバーしてしまったようだ。申し訳ない)

訥々としたいい時間だった。感謝。
[PR]
# by joenakamura | 2006-06-30 03:46 | 音楽 | Comments(0)

土曜・日曜

日常は、あまりにもどうってことの無いことの繰り返しだ。
すれ違ったものとか、些細なことは、あっという間に忘却の彼方へ。
そして忘れたことさえ、忘れてしまい、輪郭がぼけた、闇のような姿で、
脳の底にひっついているばかり。そうバームクーヘンのように、幾層も幾層も。

しかしながら、そんな不明瞭な頭の構造が、結構好きだったりする。
全てを鮮明に覚えていたいとは、不思議とあまり思わないのだ。
なんとなく、たまに出会える友人のような関係で、いいと思う。
ある日、予期せぬ時に、急に届く手紙のような、そんな感じが気持ちいい。

土曜は、午後から中村ジョーセッションズのリハ。
今度の木曜にUFOクラブで演奏するためのリハーサルだ。
今までとはちょっと変わった編成。ちょっと違うだけで音も違う。本番が楽しみ。
その後ハッピーズのGだった若林君が店主の「ヘンドリクス」へ。
だらだらと呑んでいたら、あっという間に閉店時間の0時。
店を終えた若林君らと近場の居酒屋へ。
たまに会う友人と呑むのはとても楽しい。
高校時代からの付き合いだけど、喋る内容は一向に成長してないみたいだった。
どんよりと酔っ払って朝方帰宅。

翌、日曜は近所の陶芸教室にてライブ。
家の伴侶が通っている陶芸教室で、もう何度目かのライブ。
ここでのライブは、なんだかいつも面白い。
ほっこりとした空気が流れているようだ。
終演後はそのまま、その場所で飲み会。これがまた凄く楽しい。
まさに近所の皆が集まってたわいも無い事を話すだけの、そんな世界。
ミニマルがいつしかマクロになる。

という訳で2日間、酒びたり。
こんな記憶も、もうすぐ輪郭を無くしていくよ。それでいいんだよ、と思う。
[PR]
# by joenakamura | 2006-06-27 04:30 | 生活 | Comments(0)